日本の地震保険

日本は誰もがしる地震大国です。

日本には自信に対する保険がありますが、その限度額ってご存知ですか?

受け取れる保険金 = 支払われるべき保険金 x 支払われるべき保険金の総額

となっています。

地震保険は実が政府が再保険により引き受けています。

最終的には政府が払うという事です。

そうですよね、地震といえば一社で引き受けられる保険金ではないです。

最大支払保険金は、2014年に引き上げられました。

もらえる金額が増えたのですが、命あってのものだね。

地震は来ないでほしいですね。

 

日本とアメリカの介護の違い

日本では介護問題が重要課題の一つと言えます。

親密な関係であるアメリカではどうなのでしょうか?

アメリカでの基本的な考え方は、家族の面倒は家族でみるというものです。日本よりは家族を大事にする年配を敬う社会のようなイメージがあります。

しかし、実際は少し違っているようです。

アメリカの介護状況についての論文などを調べると、

理想は家族で面倒をみるとうものがありますが、経済状況、人間関係の問題で面倒を見ていないケースが目立ちます。

アメリカは非常に保険の高い国です。

公的な支援を受けるのはとても大変な国なのです。

その分日本はこちらの介護保険サイトにもあるように、

民間、公的保険の充実した国です。

税金が高いと言われることがよくありありますが、それだけに社会保障の充実は他国から見るととても魅力的に映るでしょう。

日本とアメリカで保障の違いはあるにしろ、家族で面倒をみたいというニーズが今以上に高まることを祈りたいものです。

 

 

 

 

自分の月の土地があぶない!

池上彰のTVを見ていて思った事があります。

最近中国が単独で火星にマシンを送り込みましたが、

これでロシア、アメリカ、中国が宇宙への切符を手に入れているわけです。

池上さんが言うには、資源の問題があり、条約を決めておかないと資源が自由に持ち運びされてしまう恐れがあるとのことです。

資源を勝手に持ち出すとその星に何かしらの影響がでるでしょうから、

その影響が地球に及ぶこともないとも言えません。

私は月の土地を購入しましたが、

これも条約がないと無効になるかもしれませんね。

とは言っても、この権利は国レベルで保障されているものではないので今でも権利がどこまで認められるのかはわかりません。

私の土地はあきらめたとしても、地球に影響が出るかも知れない暴挙はなんとしても防いでいきたい事柄です。

 

 

 

お得なトピック、ニュースを集めました。